ハワイ旅行でポケットWi-Fiをレンタルするなら『アロハデータ』がよかったよ♪

この前、ハワイ旅行に行くときにどこでもネット接続できるようにとポケットWi-Fiをレンタルしていきました。
ハワイで使えるレンタルWi-Fiは何社かあり、グローバルWi-FiとかイモトのWi-Fiとかが有名ですが、僕がレンタルしたのは、グローバルモバイルという会社が提供している『アロハデータ』です。

これがなかなか良かったのでご紹介。

ハワイ専用のポケットWi-Fiルーター『アロハデータ』

アロハデータは4G LTEの高速通信対応で、オアフ島、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島などハワイ全土で利用でき、1日880円~という格安価格でレンタルできるポケットWi-Fiです。

Wi-Fiルーターのプランは3種類から選べます。

 アロハデータbasicスーパーアロハデータアロハデータBIG
料金(1日)980円1130円880円
料金(1ヶ月)18,000円22,500円15,000円
連続通信時間10時間15時間8時間
同時最大接続数10台
データ通信容量上限(1日)400MB400MB500MB
通信速度4G LTE対応
下り最大100Mbps
上り最大50Mbps

任意で追加できるオプション

安心補償

1日あたり200円の料金を追加することで、万が一の破損・紛失・盗難などの場合の保険をかけることができます。

対象 未加入 安心補償加入
盗難・紛失による本体の全損 40,000円 0円
傷などの本体部分破損 15,000円 0円
充電器の全損・破損 5,000円 0円
その他付属品の全損・破損 3,000円 0円

予備バッテリー

予備バッテリー

1日あたり100円の追加料金でレンタルできます。
ルーター本体が充電切れになってしまった場合でも、予備バッテリーにつなぐことで最大約5時間利用できます。

予備バッテリーにはUSB端子付き

予備バッテリーにはUSB端子が付いているので、Wi-Fiルーターだけでなく、iPhoneなどのスマホを充電することもできます。

USBカーチャージャー

USBカーチャージャー

追加料金不要で必要なら無料で追加できます。
レンタカーをした場合に、車のシガーライターソケットに差し込んで使える充電器です。

USBなのでiPhoneなどのスマホのカーチャージャーとしても使えます。

申し込み~利用~返却までの流れ

1:ネットで申し込み

アロハデータ公式ページよりネットで予約申し込みをします。

※出発当日でも申し込み可能です。
※出発1ヶ月前までに申し込みをすれば早割が適用され10%オフとなります。

支払い方法にはクレジットカード払いか、楽天ID払いを選択することができ、楽天スーパーポイントも利用でき、ポイントも貯まります。

2:端末の受け取り

出発前日までの申し込みで、自宅へ郵送もしくは国内の空港受け取りとなります。
また宅配が間に合わない出発当日の申し込みでも、現地ハワイ支社(ホノルル)での受け取りも可能ということです。

自宅郵送も空港受け取りの場合も宅配料などの手数料は不要です。

僕は10/1出発で、9/27の夕方に申し込んで、9/29の午前中に届きました。

クロネコヤマトの宅急便で、株式会社グローバルモバイルから届きました。

こんな感じで小袋にまとめられているので持って行きやすいです。
左の封筒は返却時に使う封筒です。

3:ハワイ到着後にルーターの電源を入れて使用開始

モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーター本体はこんな感じでかなり小さく軽いです。

電源ボタン

電源ボタンは上部についています。

SSIDとパスワード

Wi-FiのSSIDとパスワードは本体裏面にシールで貼ってくれてあるので、スマホやパソコンでこのSSIDに接続して、パスワードを入力するだけですぐにネットにつながり利用開始できます。

4:帰国後に返却

できればハワイ現地で返却できればその分荷物が減っていいのですが、そういうわけにもいかないので、日本に帰国後に返却します。
返却は簡単で、ルーターが届いたときに同封されていた封筒に、ルーター等のレンタル機器を入れてポストへ投函するだけです。

封筒には必要な切手と宛先がシールで貼られているので、機器を入れて封をして、ポストへ投函するだけ。
空港には郵便ポストがあるので、空港に到着したら投函しちゃうといいですね。

ちなみに帰国日を含めて2日以内に返却しないと延滞料が発生してしまいますので注意が必要です。
帰国日の翌日までの消印が有効なので、帰国日当日にポストへ投函しておいた方が安心です。
(延滞料金は、延滞1日あたり所定の定額通信料及び予備バッテリー100円となっています。)

利用した感想と注意点

旅先で場所を気にせずどこでもネットにつながるのはやっぱり便利!

たとえば、街歩きをするときやショッピングモールの中でもグループで行っていても別行動を取りやすいです。
「何時にどこそこ集合ね。」とか決めておかなくてもLINEで「いまどこそこにいるよ~。」とやりとりできます。

街歩きするにもGoogleマップでお店の場所なども探しやすいですし、TwitterでツイートやFacebookにアップするなんてこともその場ですぐにできます。
何か調べたくなったときにもすぐに検索できますし、翻訳アプリも使えます。

レンタカーで遠出したときにもナビ代わりにもできますしね。

いま日常的にスマホを使っている人は、日常に入り込んでいてあまり便利さを意識していないかもですが、いざ海外に行って手軽にネット・スマホを使えなくなるとなかなか不便になります。
ドコモとかの海外パケットは1日2,980円とかなかなかのお値段がするので、レンタルWi-Fiは安くて手軽でいいと思います。

モバイルバッテリーが役立った!

100円で追加レンタルできるモバイルバッテリーはiPhoneなんかのスマホのモバイル充電器としても使えるので、なかなか重宝しました。
既にモバイルバッテリーを持っている人は持参すればいいと思うけど、持っていない人も旅先ではけっこう重宝するので、ついでに追加レンタルしておくといいと思います。

定額であって使い放題ではないことに注意

アロハデータに限らず海外レンタルWi-Fiルーターは1日980円!とか1日1,000円!とかのような感じで従量課金ではなく定額料金となっています。
で、一見、いくら使っても定額で使い放題なんだ!と勘違いしそうになりますが、使い放題ではなくデータ通信量の上限が明記されていないようなプランでも実質上限があるので注意が必要です。

どういうことかというと、海外Wi-Fiルーターレンタル業者が貸し出しているルーターに入っているSIMカードは渡航国の現地通信事業者のネットワークを直接利用しています。
たとえばアロハデータならVerizon社とT-Mobile社の回線を利用しています。
(ドコモ・au・ソフトバンクなど大手国内携帯電話事業者が提供している海外パケットし放題のようなローミングサービスではない。)

で、そのようなSIMカードには現地通信事業者のFair Usage Policy(FUP)という制限が設けられており、過度な通信を行うと利用制限や利用中断をされる場合があります。

この上限通信量の目安は国、現地事業者、レンタル事業者によって違いますが、だいたい3日間で400MBというのが主流のようです。
ちなみにアロハデータの上限目安は、アロハデータbasic及びスーパーアロハデータは1日あたり400MB以上、アロハデータBIGは1日あたり500MB以上となっています。

上限を超えるとどうなるの?

現地通信事業者からWi-Fiルーターに警告メッセージが届きます。
また、通信速度が低下したり、一定期間ネットにつなげられなくなる通信遮断などの通信制限をされる場合もあります。

最悪のケースだと、インターネットにまったく接続できなくなる場合もあります。
そのような場合でも料金の返金には応じないと各事業者は規約に明記してあるので注意しましょう。
レンタル事業者によっては追加料金を請求される場合もあるようです。
参考)定額制ですか?使い放題ですか?~グローバルWi-Fi~

僕はハワイで使っているときに頻繁にWi-Fiルーターに、○○MBあたり○○円の料金がかかるよ!というメッセージが何度か届きました。
通信制限まではされなかったので良かったですが・・・。

FUPに抵触しないための使い方

極力、ホテルのWi-FiなどWi-Fiサービスがあるところでは現地のWi-Fiにつなげる

ハワイのホテルならたいてい無料Wi-Fiサービスがあるはずです。
ホテルの部屋にいるときはポケットWi-Fiを使用せず、ホテルのWi-Fiに接続するようにします。

アラモアナショッピングセンターにも無料Wi-Fiサービスがあるので、そのようなショッピングモール、ホテル、カフェ、空港など無料Wi-Fiスポットがある場所ではポケットWi-Fiではなく、Wi-Fiスポットに接続するようにした方がいいです。

画像や動画の送受信やLINE通話など大容量データ通信には注意

YouTubeなどでのストリーミング動画の視聴や、SNS等への画像・動画投稿、LINEでの無料通話など通信量が大きくなりがちなときは極力、ホテルのWi-Fiや無料Wi-Fiスポットを使うなど、ちょっと気をつけた方がいいです。

まあでもそこまで過敏にならなくても大丈夫と思うよ

あんまり気にしすぎて使わないでいると、なんのためにわざわざレンタルしてきたのか分からなくなるので、まあちょっと気にする程度でそこまで過敏にならなくても大丈夫だと思います。
僕はハワイへ行ったときはFUPのことなんて知らずに使い放題だと思っていたので、ガンガンに動画も見たりして使ってました^^;
ルーターにメッセージが届いても「なんだこれ?」って感じで放置してましたし。

そんな感じで9日間ハワイに滞在しましたが通信遮断や中断もされませんでしたので。
まあ程度によるのだと思いますが、一般人が常識的な範囲内で使っていれば大丈夫じゃないのかな~。

最近はYouTubeにしてLINE通話にしても、動画や音声でも圧縮技術が優れているのかそこまで大容量にもならないようですし。

参考)データ量の目安を教えてください。~イモトのWi-Fi~

そんなわけで一応FUPについては気に掛けておきましょう。

まとめ

そんなわけでハワイで便利なポケットWi-Fiのレンタルにおすすめのアロハデータのご紹介でした。

ハワイ旅行に行く予定のある方は、早割があるのでできるだけ早めに申し込んでおきましょ~。

予約申し込みはアロハデータ公式ページからできます。

ちなみに申し込みをした後のキャンセルは、出発予定日の3日前より1台につき1,620円(税込)のキャンセル料がかかります。
それ以前であればキャンセル料は発生しません。

出発してからのレンタル期間の短縮はできませんが延長は可能です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする