登別温泉の第一滝本館にて日帰り入浴 ※1,500坪の敷地に35の湯船の大浴場!

北海道旅行5日目に札幌駅前のトヨタレンタカーでプリウスをレンタルして日帰りで登別温泉に遊びに行ってきました。

札幌から登別温泉へは車で約1時間40分ほど。
都市部から2時間かからず温泉に行けるのはいいですね。

高速道路のパーキングには道民御用達のコンビニ「セイコーマート」があり、ゆでとうきび売ってました。

雪印メグミルクが北海道限定で出している乳飲料「カツゲン」
味は飲むヨーグルトみたいな感じでマミーに近いかも。
美味しい。

北海道でしか見られないというベリー「ハスカップ」のアイス。

旅行に行くと、こういう地域限定の食べ物とか楽しくてついつい買っちゃいます(o^^o)

第一滝本館で日帰り温泉

第一滝本館外観

さてさて、そんなこんなで到着した目的「第一滝本館」
こちらの日帰り温泉に入浴しにきました。

第一滝本館日帰り入浴入り口

日帰り入浴の場合、正面入り口ではなく裏口っぽい日帰り専用の入り口から入ります。

入って左の受付みたいなところで入浴料を支払います。

第一滝本館日帰り入浴料金

日帰り入浴の入館料は時間帯によって異なり、朝9時~夕方4時までの入館だと大人2,000円、子供1,000円。
夕方4時~6時までだと大人1,500円、子供750円となっています。

駐車場は無料です。

スリッパの用意があります。

第一滝本館ロッカー

ロッカーがあるのでここに履き物とかを収納します。

登別温泉の湯を飲める飲泉処がありました。
味はまあ・・・温泉って飲むものじゃないよね・・・。

登別温泉といえば地獄谷ってことであちこちに鬼をモチーフにしたオブジェなどがあります。
第一滝本館内にも金の大金棒がありました。

第一滝本館の温泉

登別温泉には、硫黄泉、食塩泉(塩化物泉)、明ばん泉(含アルミニウム泉)、芒硝泉(硫酸塩泉)、緑ばん泉(含アルミニウム泉)、鉄泉(含鉄泉)、酸性鉄泉、重層泉、ラジウム泉と9種類もの泉質があり温泉のデパートとも呼ばれています。

第一滝本館の大浴場は男女合わせて1,500坪もあり、湯船は男女合わせて35個もあります。
浴場内の写真は撮れなかったので公式サイトからちょっと拝借させていただきます。

第一滝本館の湯船35第一滝本館の湯について

浴場内はめちゃくちゃ広くて階段で2フロアに分かれていました。
僕はもっとゆっくり色々なお風呂に入ってみたかったのですが、2歳の息子が広いお風呂にびびってしまい泣きまくりだったのでそそくさと出ることになってしまいかなり残念・・・。

次回は泊まりで色々なお風呂に何回も入ってみたいなと思います。

締めはソフトクリーム

温泉に入った後の締めはソフトクリーム。
白い方が白い恋人ソフトクリームでオレンジ色が夕張メロンソフトクリームです。

濃厚でおいしい。

第一滝本館について

公式サイト

公式ツイッター
公式フェイスブック

所在地:北海道登別市登別温泉町55番地
TEL:0120-940-489
カーナビ用TEL:0143-84-2111

スポンサーリンク

シェアする

フォローする