釜バターうどんの元祖「手打十段うどんバカ一代」

高松市のまち中心部にあるうどん屋さんの中でもかなりの人気・有名店「手打十段うどんバカ一代」に行ってきましたよ。
店名の由来は漫画「空手バカ一代」からだそうな。

うどんバカ一代店舗外観

こちらのバカ一代さんはうどんのうまさもさることながら、「釜バターうどん」というメニューを最初に考案したお店としても有名です。

釜バターうどんとは、ゆであがったばかりのアツアツのうどんを冷水でしめずに食べる「釜あげうどん」にバターをトッピングし、あらびき黒胡椒を振りかけた一品です。

釜バターうどん

ちょっと幼児連れだったもので、写真を撮るまでに時間がかかってしまい、バターが溶けてしまっていますが・・・。
釜バターうどん(小)490円なり。
かけうどん(小)210円、ぶっかけ(小)290円と他のメニューと比べるとちょっとお値段は高めです。

釜バターうどん

さらに、生卵がトッピングでついてきて、専用のダシ醤油を入れてかき混ぜていただきます。

うどんにバターに卵って、連日うどんばっかり食べている香川人でも震え上がるほどのコレステ感満載ですが、それだけにめちゃくちゃ美味しいです。

バターのおかげですっごくまろやかな味になっているのですが、黒コショウのお味がかなり強めでしっかりと味を引き締めています。
ダシ醤油もけっこう濃いめなのでかけ過ぎ注意です。
子供だと黒胡椒が辛いかもしれないのでこちらも注意。

で、なんといってもうどんのコシがかたすぎずやわらかすぎずちょうどいい感じです。
釜バターうどんという一風変わったメニューに目を奪われがちですが、うどん屋さんとしての基本的なうまさもかなりハイレベルなお店だと思われます。
バカ一代さんはできたてを提供することにこだわっていて、ゆであがってから10分以上経過したうどんはお客さんには出さないということです。

今回は初来訪だったので、釜バターうどんを食べましたが、次回は冷ぶっかけあたりを食べてみたいなと思います。

店名 手打十段 うどんバカ一代
所在地 香川県高松市多賀町1-6-7
TEL 087-862-4705
営業時間 6:00~18:00
定休日 年中無休(1月1日のみ休み)
Web 公式サイト
アクセス ことでん瓦町駅から徒歩7分
無料駐車場30台完備

うどんバカ一代店内

お昼時には行列必至。
休みの日ともなると県外からも観光客が訪れるためお店の外にまで行列ができている人気店です。
とはいえ、うどん屋さんはラーメン屋さん以上に回転が早いので、行列に並んでいてもすぐに順番がきますので心配無用です。

朝6時から夜6時まで営業しているので、朝うどんにも夜うどんにも使えます。
お休みも1月1日のみで定休日はなし。

めっちゃ営業してるね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする