あなたは歯磨き粉1個に1000円以上使えますか?

あなたは歯磨きは何を使っていますか?

サンスターのGUMとか、ライオンのデンターシステマとか花王ピュオーラ・クリアクリーンとか色々な歯磨き粉がありますね。
テレビCMでもここらへんお歯磨き粉をよく見かけます。

値段的にはだいたい200~300円というラインだと思います。

私もいま使っている歯磨き粉はサンスターのGUMをずっと使っていたんですが、最近、『1000円以上する歯磨き粉使ってみろ、世界変わるぞ』というまとめを見ました。

「たかが歯磨き粉に1000円!?」と衝撃を受けまして、そのまとめをきっかけに色々と歯磨き粉について調べてみました。

1000円の歯磨き剤は贅沢品ではありません!歯科医が提言する「食と健康」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/25707

歯科医に聞く。オススメの歯磨き剤とアイテム

http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/01/post_1408.html

人気の歯磨き粉を比較ランキング

http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/01/post_1408.html

歯科医に聞く! NGな歯の磨き方「濡らした歯ブラシに歯磨き粉をつける」「たっぷりの水で口をゆすぐ」

http://woman.mynavi.jp/article/130909-034/

これらのサイトに出てくる情報をまとめてみると、

200~300円程度の安い歯磨き粉は、よく泡立ちすっきりするので、きれいになった錯覚に陥りやすい。
界面活性剤で泡立たせることによって、唾液の分泌が少なくなってしまう。唾液は口内の細菌を退治したり、口内の炎症を防いだりと大事な働きをしているので、泡立たせすぎるのはよくない。
研磨剤でエナメル質を削っているので、歯に細かなキズがついてしまい、そのキズから汚れが入り込みやすくなる。

という風に、歯によかれと思って、使っていた歯磨き粉が実は歯を痛めている可能性もあるということが分かりました。

1000円以上の高級歯磨き粉ってどう違うのよ?

価格帯としてはだいたい700円程度から3000円程度まで幅があり、たとえば、歯周病を予防するだったり、冷たいものがしみる知覚過敏(象牙質知覚過敏)を予防するだったり、歯石の沈着を予防するだったりと、明確な目的・効果がある歯磨き粉がいわゆる高価格・高機能な歯磨き粉として、歯科医はおすすめしています。

僕の場合、昔から歯が白くなくけっこう黄色に色素沈着しちゃっていて、でも歯医者でホワイトニングをお願いするとすごくお金がかかるので、ずっと黄色い歯のままなのですが、高価格・高機能な歯磨き粉には、ホワイトニング効果もあるタイプがあるということで、俄然、興味をそそられています。

発泡剤が入っていないので、あまり泡立ちはせず、香料も入っていないので、さわやかな感じにもならないということで、最初のうちは本当に磨けているのか不安になるそうなんですが、使い続けているとやっぱり値段の違いというものを実感できるということ。

一言で1000円以上の歯磨き粉と言っても、色々なな種類があるようなので、選ぶのも大変そうですが、とりあえず色々使ってみて、その効果のほどをレビューしてみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする