いま定額制音楽配信サービスがアツい!日本産・海外勢など比較してまとめました。

公開日: : 賢い生活術

いま音楽を聞くスタイルは大きく変わろうとしています。
これまでの「CDなどのパッケージされたものを購入するスタイル」や「iTunes Storeなどで曲ごとに購入&ダウンロード」するというスタイルから、月額定額制でそのときの気分などに応じて好きな音楽をストリーミング再生をして聞き放題になるスタイルとなってきています。

アメリカなど海外ではこの定額制の音楽配信サービスは非常に充実していて、利用しているユーザー数も多いのですが、日本は音楽の著作権周りの特殊性からかこの分野では非常に遅れていました。
ですが、今年に入ってからAppleが「Apple Music」を開始することを発表したり、LINEやサイバーエージェント・avexなどが日本でも定額制音楽配信サービスを開始し、今年は日本でも定額制音楽配信サービス元年となる予感です。

そんなわけで今後、音楽を聞くスタンダードスタイルになりそうな定額制音楽配信サービスについてまとめました。

定額制音楽配信サービスってなんだ?

月額1,000円前後の定額料金で、数百万~数千万の豊富な楽曲が聞き放題になるサービス
基本はインターネットにつながった状態でのストリーミング再生となりますが、キャッシュ機能を利用し、一時的に端末にデータを保存することでオフラインでの再生ができるサービスもあります。

好きなアーティストや曲を検索して聴くオンデマンド視聴や、様々なテーマに応じてサービス提供側がセレクトした曲を聴けるプレイリスト、自分で好きな曲を好きなように集めた再生リストを作ったりできる。

また、よく聞く音楽の嗜好などからおすすめのアーティストや曲をレコメンドしてくれるパーソナライズレコメンド機能を備えているサービスもあり、これまで聞いたことのなかったような新しい音楽に出会える楽しさもあります。

基本はiPhoneやAndroidなどのスマホアプリが対応ですが、なかにはWindowsパソコンやMac、PS3、PS4など多くの端末に対応しているサービスもあります。

日本で利用できる定額制音楽配信サービス一覧

いまのところ日本で利用できる定額制音楽配信サービスは以下の4つとなります。
ひかりTVミュージック」、「dミュージック powered by レコチョク」はレコチョク Bestの派生なので省いています。
また、以下には掲載していないですが、ナクソス・ミュージック・ライブラリー (NML)という月額1,850円(+税)でクラシック音楽が聞き放題になるサービスもあります。

サービス名サービス開始日運営
LINE MUSIC2015/6/11LINE MUSIC株式会社
(LINE、エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテインメント)
レコチョク Best2013/3/4株式会社レコチョク
KKBOX2013/6/1KKBOX Inc.社
(日本ではKDDI子会社のKKBOX JAPAN合同会社が運営)
AWA2015/5/27avex&サイバーエージェント

料金で比較する

サービス名料金プランキャンペーン
LINE MUSICベーシックプラン(月額500円):30日の有効期限内で全ての機能利用と20時間の楽曲聴き放題
プレミアムプラン(月額1,000円):時間も無制限

ベーシックプラン(月額300円)・プレミアムプラン(月額600円)ともに学割あり。
2015/8/9まで月額料金無料
レコチョク Best月額980円で聞き放題3日間無料、クレジットカード登録で1ヶ月間無料
KKBOX月額980円で聞き放題Eメールアドレス登録で1日間、Facebook登録で7日間無料
AWALiteプラン(月額360円):プレイリストごとの再生とラジオ配信が利用可能
Premiumプラン(月額1080円):上記の機能+オンデマンド視聴、プレイリストの作成と公開が可能
3か月無料

サービス・機能で比較する

・オフライン再生:圏外などネットにつながっていない時でも再生できる機能。
・プレイリスト:様々なテーマであらかじめ用意されている再生リストや自分でお気に入りの曲などを集める機能。
・パーソナライズレコメンド機能:よく聞く音楽などの履歴を元に曲やアーティストなどをオススメしてくれる機能。
・アルバム再生:アルバム単位で再生する機能。

サービス名の左の+マークをクリックすると追加項目が表示されます。

サービス名対応デバイス楽曲数音質オフライン再生歌詞表示プレイリストパーソナライズレコメンド機能アルバム再生
LINE MUSICiOS、Android150万320kbps / 192kbps / 64kbps / 自動判別(ネットワーク環境に合わせた音質で再生する)

1曲ごとの再生開始の際に通信を行う必要があるので、ネットワークにアクセスしていないと連続ローカル再生はできません。
×
レコチョク BestiOS、Android、Mac PC、Windows PC
150万320kbps or 128kbps
最大約2,000曲までキャッシュ可能。キャッシュをすることによって可能(キャッシュ容量は、1、2、4、8Gバイトから選択:PC版では不可)
KKBOXiOS、Android、Mac PC、Windows PC
1,000万320kbps or 128kbps
キャッシュをすることによって可能(最大キャッシュ曲数は、100、200、500,1000、1500、2000曲から設定可能)×
AWAiOS、Android100万Wi-Fi接続では320Kbps、モバイル回線では64、96、128Kbps×

LINE MUSIC

https://music.line.me/landing

https://music.line.me/

ご存じチャットアプリのLINEが2015/6/11に開始した定額制音楽配信サービス。
LINE、エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテインメントが共同で設立したLINE MUSIC株式会社が開発・運営しています。

ソニーミュージック、avex、日本コロムビア、ユニバーサルミュージックなど約30社のレーベルから約150万曲がラインアップ。
邦楽が中心となっていますが、洋楽もそこそこ充実しています。

現在は、iOS、Androidのスマホのみ対応で、LINEアプリのインストールとLINEアカウントが必須です。
パーソナライズレコメンド機能がないのがどうなの?感はありますが、学割があったり、LINEで友人におすすめ曲をトークで送ったりと音楽離れが叫ばれる若者向け?の機能が充実しています。

オフライン再生は可能となっていますが、1曲ごとの再生の前に通信が必要で、オフラインだと連続再生ができません。

2015/8/9まで月額料金無料で聞き放題キャンペーン中です。

レコチョク Best

http://recochoku.jp/best/

http://recochoku.jp/best/

株式会社レコチョクが運営するこの分野では比較的老舗のサービス。
月額980円で約150万曲が聞き放題です。
J-POPが充実しています。

3日間無料キャンペーン中で、さらにクレジットカード登録で1ヶ月間無料になりますが、カードを登録すると翌月から自動で有料課金されますので注意。

iOS、Androidのスマホだけでなく、WindowsやMac等のPCにも対応しています。

KKBOX

http://www.kkbox.com/jp/ja/

http://www.kkbox.com/jp/ja/

台湾、シンガポール、マレーシア、香港など東南アジア圏を中心に展開しているサービス。
日本ではKDDIが株式を取得し、KKBOX JAPAN合同会社として日本向けサービスを運営しています。
昔、LISMOってあったでしょ?あれです。

月額980円で楽曲数は1,000万曲と日本の他サービスと比較すると多いですが、邦楽はレコチョクの曲を配信しているので邦楽のラインアップはレコチョク Bestとほぼ同じです。
K-POPやC-POPなどアジア系の曲が充実しています。

パーソナライズレコメンド機能を搭載する予定はあるようですが、いまのところまだないっぽいです。
iOS、Androidのスマホだけでなく、WindowsやMac等のPCにも対応しています。

Eメールアドレス登録で1日間、Facebook登録で7日間無料お試しが可能です。
また、登録会員というプランがあり、登録会員なら無料で全曲30秒のみ再生可能です。

AWA

http://awa.fm/

http://awa.fm/

エイベックスとサイバーエージェントが共同で開発・運営して2015/5/27から開始されたサービスです。

料金プランは、Liteプラン(月額360円)とPremiumプランがあり。
Liteプランはプレイリストごとの再生とラジオ配信が利用可能。
Premiumプランは上記の機能+オンデマンド視聴、プレイリストの作成と公開が可能となっています。

テーマ毎におすすめされた曲をラジオ感覚で流すだけならLiteプランでいいですが、好きなアーティストの曲を検索したりして、流すにはPremiumプランに入る必要があるってことですね。
将来的にPCにも対応予定だそうですが、いまのところiOS、Androidのスマホのみ対応です。

オフライン再生機能はありません。

日本未上陸だけど今後注目の海外定額制音楽配信サービス

現状、日本での利用は未対応だけど、今後、対応になりそうだったり、楽曲数やサービス・機能が充実しているのでぜひ日本でも使えるようになったら真っ先に利用したい!という注目の海外定額制音楽配信サービスをまとめました。

Spotify

Spotify

https://www.spotify.com/

現在、もっとも会員数が多く世界中で利用されているスウェーデン発の定額制音楽配信サービス。
月額9.99ドルで約3,000万曲が聞き放題となっています。

日本でのサービス開始は準備中とのことですが、いつになるかはまったく未定です。
一応、上記の公式ページでメールアドレスを登録しておくと、サービス開始時にお知らせしてくれるようです。

PlayStation Music

http://blog.us.playstation.com/2015/03/30/spotify-launches-on-playstation-music-today/

ソニーは自社で運営していた「Music Unlimited」という定額制音楽配信サービスを2015年3月29日に終了しました。
その後、2015年3月30日にSpotifyと提携して始めたのがPlayStation Musicです。

PS3、PS4、Xperiaスマートフォンで利用できます。

Apple Music

Apple Music

https://www.apple.com/jp/music/

恐らく多くのユーザーが待ち望んでいるであろうAppleが開始する定額制音楽配信サービス。
サービス開始予定は2015/6/30となっていますが、日本でもその日に開始されるかどうかは分かりません。
(サイトにはまもなく登場!とあるのでたぶん同日に日本でも開始されると思うんですけどねえ・・・。)

月額9.99ドルで約3,000万曲がラインアップされています。
3ヶ月間の無料体験キャンペーンもあり。

対応デバイスもiOS、watchOS、Mac、Windowsパソコン、Androidと豊富です。

Google Play Music(YouTube Music Key)

https://www.youtube.com/musickey

https://www.youtube.com/musickey

Google Play MusicとYouTube Music Keyの関係については、下記のライフハッカーの記事が分かりやすいです。

月額9.99ドルで楽曲数は約3,000万曲とのこと。

Amazon Prime Music

http://www.amazon.com/gp/feature.html?docId=1002557791

http://www.amazon.com/gp/feature.html?docId=1002557791

Amazonが有料会員のプライム会員向けに運営する定額制音楽配信サービス。
楽曲数は約100万曲と他の海外勢のサービスと比較すると少ないですが、Amazonプライム会員なら無料で利用できます。

現在はアメリカのみでの展開となっています。

まだまだある海外の定額制音楽配信サービス

サービス名楽曲数料金
Rdio約3,200万曲月額10ドル
Rhapsody約3,200万曲月額4.99~9.99ドル
Slacker約1,300万曲月額3.99~9.99ドル
Deezer約3,500万曲月額9.99ドル
iHeart Radio約150万曲無料
Guvera Music約1,000万曲月額12.99ドル
simfy約2,500万曲月額4.99~9.99ドル
TIDAL(wiMP)約2,500万曲月額39.99~19.99ドル
Milk約1,300万曲月額3.99ドル
Saavn約300万曲月額2ドル

日本未上陸の海外の定額制音楽配信サービスを日本から利用する方法もある

利用規約違反だったり、著作権法的にもグレーだったりするのですが、Spotifyなどの日本未対応の定額音楽ストリーミングサービスを日本から利用できる裏技なるものもあるようです。
こちらでは紹介しませんので、「Spotify 日本で使う」なんかで検索すれば丁寧に方法も解説しているサイトが出てくるので、どうしても使いたい!という方は自己責任でどうぞ。

まとめ

海外勢はたくさんありますが、日本から利用できるサービスとなると4つに絞られるので選びやすいっちゃあ選びやすいですね^^;
アップルミュージックが日本でも開始すれば日本でもなかなかの定額制音楽配信サービス戦国時代がやってきそうです。

僕はこの手のサービスを利用するメリットって、自動的に好みの音楽を流してくれるパーソナライズ機能じゃないかな?と思っているので、パーソナライズ機能がないLINE MUSICとKKBOXはちょっと選択肢から外れそうです。

レコチョク BestはJ-POP中心ってことなので、どっちかって言うと洋楽好きなので、消去法で僕はAWAになるのかな~って感じはします。

とりあえずまた色々使ってみてレビューもしたいと思います。

 

ピックアップ記事と広告

こちらの記事もおすすめ

JALマイルを貯める最強のクレジットカードは『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』だ!

僕は今まで仕事用のクレジットカードに、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」を使

記事を読む

安い!意外にカンタン!海外通販で個人輸入を始めよう!

僕は、ネットショップも運営しています。 アウトドアウェアやバックパックなんかを、アメリカから輸入して

記事を読む

世紀の一戦!パッキャオ vs メイウェザーの生放送を見るには?試合を楽しむための予備知識も。

正直、僕はボクシングに関してあまり詳しくなく完全なニワカなわけですが、そんな僕でも2015年5月2日

記事を読む

GMOとくとくBBのWiMAX2+の申し込みから機器到着までの流れ

前回の記事、『僕がGMOとくとくBBのWiMAX2+を選んだ理由と契約まで躊躇した点』で、なんや

記事を読む

GMOとくとくBBのWiMAX2+が届いたので開封して設定したよ。超簡単でした。

先日から、ワイマックスの契約を検討していて、GMOとくとくBBに決めて申し込みをしたところまで書

記事を読む

家中どこでも電気コンセントを通して手軽にLANを延長できる『PLCアダプター』がスゴイ!

以前、一戸建てやマンションの中で微妙にWi-Fiの電波が届かない場合に、Wi-Fiの電波を延長してく

記事を読む

WiMAX2+の最安値はどこ?※料金を中心に徹底比較しました。【2014年11月版】

モバイルネット環境の方法として、イーモバイルやドコモ、au、SoftBankなどが提供している高

記事を読む

【保存版】ドコモポイントの使い道一覧と賢い使い方のポイント

先日、ドコモプレミアクラブのステージ、有効期限の解説や貯め方の基本的知識などを紹介した「ドコモポイン

記事を読む

国民年金は払い損にならないの?払う方がいいのか否か結論を出すことにする。

まあ、払う方がいいのか否かっていうか、払わないといけないものなんですがね。。。とは言っても未納率は4

記事を読む

室内ドアの開閉時にキイィィィというきしみ音がするときはフッ素系潤滑スプレーで一発改善!

先日から、寝室のドアが開閉するたびに「ギイィィィ」という嫌なきしみ音を出すようになってしまいました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


登別温泉の第一滝本館にて日帰り入浴 ※1,500坪の敷地に35の湯船の大浴場!

北海道旅行5日目に札幌駅前のトヨタレンタカーでプリウスをレンタルして日

小樽の洋菓子店「LeTAO(ルタオ)」で極上スイーツ「ドゥーブルプレート」をいただきました。

札幌から少し足を延ばして小樽まで。 小樽のレトロでかわいい町をぶ

「すすきの」で北海道料理をリーズナブルに味わえる海鮮居酒屋『海さくら』

登別温泉に日帰りで行った次の日はお昼までゆっくり寝て、ランチにラマイの

スープカレー(ポーク)
RAMAI(ラマイ)札幌中央店で食べた初スープカレーが美味すぎた!

札幌発祥の道産子のソウルフード『スープカレー』を食べてきましたよ。

すすきの「禅」で海鮮しゃぶしゃぶと北海道の地酒を堪能

札幌・すすきのの狸小路あたりにあるしゃぶしゃぶ・すき焼き専門店「禅」で

→もっと見る

PAGE TOP ↑