【ネタバレなし】ゼロ・グラビティを見てきたのでちょっくら感想を。

テレビCMを見てから、絶対観に行きたいと思っていた映画『ゼロ・グラビティ』を見てきました。

ゼログラビティ

観に行ったのは毎度おなじみ西宮ガーデンズのなかにあるTOHOシネマズ
余談ですが、TOHOシネマズのシネマイレージ会員になると、映画みてポイントが貯まる上に、6回見たら1回無料になるという特典がある。
さらに毎週火曜日はカード提示で1300円になる。

年会費が300円かかるけど、映画をよく見るなら十分元は取れるので、お得です♪

さて、話がそれましたが、事前に調べた情報によると、断然、3Dで見るべき!という意見が多かったので、3Dを観に行きました。
なぜか3Dだと、21:30~23:15のレイトショーしかなかったので、面倒でしたが、レイトショーへレッツゴー。

これぞ映画!超おすすめ!

映画ならではの大きなスクリーンの迫力と映像のきれいさ
ほかに雑音がない環境ならではの静寂さと音響のよさ

など、映画ならではの魅力を120%活用したこれぞ映画という映画でした。

逆にいうと、たぶん家でテレビで見てもあまり楽しめないんじゃないかな?と思います。
だからこそ、「なんか話題だったし、DVDでも借りてみてみるか。」って感じで家で見て、「イマイチだな。」ってなって欲しくないなと思います。
映画館で見てこそ、楽しめる映画です。

しかも絶対3Dで!

USJのアトラクション以外で体がびくんと反応するほど引き込まれた3D映像は初めてです。

途中から終盤まで引き込まれる展開でポップコーンを食べる暇がない

序盤こそ、静かな始まりですが、途中からは次から次と怒濤の展開で、「これ一体どうなるんだ!」という感じで、画面から目を離すことができません。
また静かな場面も多いので、ポップコーンを食べることができません。
映画を見終わっても、ポップコーンが余りました。

なんなら字幕を読むよりも映像をずっと見ていたいので、吹き替えがあれば吹き替えで見た方がいいかもです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする