健康食品・サプリの【機能性表示解禁】でアフィリエイト業界にも健食ブームが来ているよという話

いまアフィリエイト業界に密かに「健康食品」ブームが来ています。
具体的な案件ジャンルとしては、青汁、黒酢、酵素ドリンク、にんにく卵黄、乳酸菌、ブルーベリーなど非常にたくさんあります。

いわゆる物販アフィリエイトってやつですが、物販の場合、基本的に承認率は80~90%くらいはあります。
ですが、報酬単価が1000~3000円程度って案件が多くて、あまりスーパーなアフィリエイターが参入していないジャンルでした。(青汁はちょっと激戦ですが^^;)

ですが、ここ最近、健康食品やサプリメントの広告主がアフィリエイト広告に非常に力を入れてきており、広告予算をドカン!と投入してきています。

理由としては、今年4月に予定されている薬事法の改正による「機能性表示の解禁」が大きいと思われます。

「機能性表示の解禁」とは?

これまでの薬事法では、健康食品やサプリの広告において、特定の部位や症状に効果効能を謳うということができませんでした。
たとえば、便秘解消サプリで、「便秘を改善します!」とは書くことができなくて、「朝からスッキリ」「もりもりドッサリ」とか、ちょっと回りくどい表現で各社、頑張っていました。

有名なのが、世田谷自然食品の「ぐるぐるぐるぐるグルコサミン」なんかがありますね。

これらの回りくどい表現が逆に分かりにくく、消費者を惑わせているということになり、ちゃんとどのような症状に悩んでいる人に向けた健康食品であるのかを明記できるようになるというわけですね。

当然ながら、ちゃんと明記できた方が消費者にとって訴求力が高まるので、売上拡大が期待できるということで健康食品・サプリ業界はけっこうざわついているわけです。

薬事法の改正、機能性表示の解禁等についてもっと詳しくは以下の内閣府や消費者庁の資料などが参考になるかと思います。

【参考資料2-1】食品の新たな機能性表示制度 … – 内閣府(PDF)
食品の新たな機能性表示制度に関する検討会 – 消費者庁

健康食品市場の拡大はアフィリエイト広告にも波及する

一部ではこの機能性表示の解禁によって健康食品市場は3倍にまで膨らむのではないか?という意見もあります。
そうなると当然ながら、今までよりも多額の広告費がアフィリエイト広告にも流れ込んでくることとなります。

そんなわけで、これまでは数千円だった報酬単価ですが、特別単価で1万円を超える案件も既に出てきています。
承認率が80~90%で報酬単価が1万円以上となると、一気に稼げるジャンルに躍り出ることとなります。
アフィリエイト初心者が稼ぎやすいジャンル・広告の選び方

さらに健康食品やサプリメントは商品の種類や数も非常に豊富で、サイトの切り口や狙うキーワードも非常に多いです。
便秘解消、疲労回復、眼精疲労、ダイエット、快眠、腸内環境などなど、挙げきれないくらいたくさんありますね。。。

僕も入っている会員制アフィリエイター組織のLFMでも、最近、健康食品案件を非常に推していて、LFM会員専用の特別単価もかなりの高単価が出ています。
なので、今後、スーパーなアフィリエイターがガシガシ参入してくる可能性は高いですが、切り口やキーワードが非常に多いので、これから始める初心者アフィリエイターさんでも十分に勝機のあるジャンルなのではないかと思います。

そんなわけで、これからアフィリエイトを始めたいと思っているけど、どんなジャンルの案件に取り組むがいいのか分からないという方は、とりあえず今は、健康食品・サプリメント案件が狙い目だよとオススメしたいと思います。

もちろん、機能性表示が解禁になるとはいっても、どの商品でも表記できるわけではなく、けっこう厳しい条件もありますし、広告主の考え方によっても色々変わってくると思います。
またセンシティブな人の悩みなどにダイレクトに訴求するジャンルですし、口に入れる商品なので、紹介するアフィリエイターにも豊富な知識と高い倫理観なども求められる難しいジャンルとも言えます。

ちょっとまだ、具体的にどのような表記ができるのかとか、PPCではどうなのか?とかちょっと僕もまだ手探りな感じではあるのですが、アフィリエイター的にはかなり大きなインパクトのある動きだと思いましたので、取り急ぎ記事にさせていただきました。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする