結局、人はそのときの自分のレベルでできることを精一杯するしかないんだなあ。

僕がアフィリエイトを始めたのは2002年頃です。
それから12年ほど経つわけですが、我ながらよく生き残ってきたなと感慨深くもあります。

ですが、アフィリエイトを始めた頃にやっていたことを振り返ってみると、今から思えば「なんて無駄なことを必死になってやってたんだ・・・。」と思うことが多々あります。

当時はまだGoogleも今ほど賢くなく、SEOで上位表示するためのスキルや労力はいまと比べると比較にならないほど簡単なモノでした。
それでも当時の僕には圧倒的にスキルや知識・経験が足りず、またお金を稼ぐという行為に対する考え方も非常に甘ったれたものでしたので、月5000円~20000円程度の報酬しか稼げない期間がけっこう長く続きました。

アフィリエイトを始めた頃は副業だったので、仕事から帰宅してからどんなに遅く帰宅しても2時間はパソコンに向かって作業する!と自分に課して、残業で0時を過ぎて帰宅してもパソコンに向かっていました。
同僚がやれ合コンだ飲み会だと言っているのに目もくれず、仕事が終われば基本的にまっすぐ帰宅。
仕事が休みの日は一切外出せず、1日中家でサイトを作っていました。

それだけやっても報酬は月に数万円程度。
そんな日々が2~3年続きました。

ですが、10万円以上稼げるようになってから30万円以上になるまでは半年くらい、100万円以上になるまではさらに1年くらいで達成できました。
僕の場合、月数万円から10万円を超える壁が一番大きかったです。

僕の当初の理想としては、1年くらいでさくっと100万円突破して法人化してから、さくっと退職して独立する。ってのだったのですが、結局、会社には5年も勤めることになりました。

そんな感じの下積み期を脱して、いまは法人化してなんとかぼちぼちやっているわけですが、いまのスキルや知識を持ったまま、12年前に戻ることができればたぶん今頃、僕は億万長者になってるだろうな・・・って思ったりします^^;

実際、僕と同時期くらいにアフィリエイトを始めた方で、がっつり資産を築いて今ではシンガポールに移住してセミリタイヤしちゃっている人とか、アフィリエイトで得た資金や経験を元手に色々なビジネスを展開し会社をいくつも経営している人など、同時期に始めたとは思えないほど違うステージに行っちゃってる人もいます。

こういう時代の流れに乗ってうまくいった人達を眺めていると、なぜ自分はあのときにあんな無駄な作業に必死になって、もっとこういう作業をしなかったんだ!と悔やむ気持ちも出てきたりします。

でも結局は、当時の僕のレベルでは、あれが限界だったんだろうなあ。と思います。
『結局、人はそのときの自分のレベルでできることを精一杯するしかないんだなあ。』と思うわけです。

いまからアフィリエイトに限らず、何か新しいことに挑戦しようとする方で、既にうまく行っている人とか自分よりもセンスや能力のある人を見て、へこむこともあるかもしれません。
でも結局、自分にできることを愚直にコツコツと続けていくしか道はないのだと思うのです。

「あるひとつのことに関して、こうやれば食えるようになる」
ということの、平均値が、おそらく10年なんです。
「あること」を10年間していたら、食えるようには、なる。
ほぼ日刊イトイ新聞 -吉本隆明・まかないめし。

どんなにセンスがなくても、能力が低くても、10年続ければそれなりにモノになる。
僕もなんとなくそんな気がします。

もし『才能』というものが本当にあるのなら、それは10年続けられるほど、のめり込めるものをできるだけ早く見つける能力と言ってもいいかもしれません。

そんなわけで、まずは10年続けましょう。
もしくは10年続けられるほどハマるものを見つけましょう。

そうすれば、きっと10年後にはいまとは違う景色が見えているはずです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする