海外ノマドワーカーになって稼ぎながら旅を続けられる仕事を考えてみる

最近、場所や時間に縛られない働き方「ノマド」が人気ですね。
僕自身、2010年12月~2011年12月までほぼ1年間かけて、アフィリエイトで稼ぎながら世界一周旅行に行ってきました。
その様子は僕のブログ『おきらく夫婦のネットで稼ぎながら世界一周!』をみてください♪

MIMIYAKO85_gakedeosuwari20140727500

僕の場合は、ウェブサイトからの広告収入(アフィリエイト)ですが、アフィリエイト以外にも旅を続けながらできる仕事ってあると思うので、ちょっと調べてみました。
旅先でバイトしたり、大道芸なんかやって現地のお金を稼ぐ方法ではなく、旅先でネットを活用して、日本円を稼ぐ方法限定です。
もちろん旅だけじゃなくて、海外移住して海外で定住しながら日本円を稼ぐというのも一緒ですね。

では行ってみましょ~。

輸入ビジネス(ネットショップ運営)

海外から品物を日本へ輸入して、日本国内で売る方法です。
最近は円安傾向なので、以前ほどうま味は減りましたが、商品ジャンルによっては日本で買うよりも海外から個人輸入した方が、関税や送料を入れても安い商品があります。
それらの商品にちょっと利益をのっけて転売するって感じです。
個人輸入がお得な商品ジャンルの例

この商売のいいところは在庫を持たなくていいことです。
注文を受けてから仕入れをすることで、在庫リスクなくネットショップを運営できます。

僕自身、この方法でアウトドア用品をアメリカから輸入してネットショップを運営しています。

「在庫を持たなくていいのは分かったけど、仕入れして、梱包して、発送とかしないといけないから、日本に住んでないとできないんじゃないの?アルバイトでも雇うの?」って思う方もいると思います。

もちろん、人を雇って、海外から指示を出すという方法もあると思います。
ですが、日本には色々と便利なサービスがあります。

「発送代行」で検索すれば色々な会社が出てきますが、海外からの商品受取、検品、保管、お客さんへの発送などネットショップに必要な業務をほぼ代行してくれる業者さんがいます。

それらの業者さんを活用すれば、自分が日本にいなくても、ネットショップを運営することが可能になります。

ライター

一口にライターと言っても色々あるわけですが、せっかく旅をしながら仕事をするわけなので、旅や海外についての紙媒体やWEB媒体に記事を書きたいですね。
ただ、まったく未経験の状態からライターとして生計を立てるのはなかなか大変です。

でも生活コストの安い国ならなんとかなるかもしれません。

たとえば、海外ノマド女子という肩書きでフリーライターをやっている豊永奈帆子さん(@napo127)は、アジアの国々を1ヶ月ごとに転々としながら、ライターとして世界新聞GIGAZINEなど様々なWEB媒体に寄稿されています。

「いろいろな国に住む」+「好きな事を仕事にする」を達成するべく頑張ってらっしゃいます。
ブログも書かれていて、仕事しながら旅をしたい。という方にはいい刺激になると思うのでオススメです。

http://jp.nahokotoyonaga.com/

Nahoko’s Way The World From Japanese Girl’s Eyes 海外ノマド女子

海外に住んだり、旅を続けたりと言った行動はそれだけでも他のライターやブロガーと差別化できる材料となり得るので、十分勝機はあると思います。
プロのライターとして仕事をいただくことはいきなりは難しいかもしれませんが、とにかく自分のブログを書いたり、寄稿したりといったことを続けていけば、ファンが増えてアクセス数も増えてくるので、何もライター報酬だけじゃなくて、アドセンスやアフィリエイト、純広告などのWEB広告でマネタイズするということもできると思います。

ウェブデザイナー・プログラマなどIT・WEB系エンジニア

僕はここらへんの仕事には疎いのであんまりわかんないですけど、在宅で仕事をしているウェブデザイナーの方やプログラマーの方も多いので、なんとかなるんじゃないでしょうか?(適当)

ただ、基本的には実績を積んでからじゃないと誰も仕事くれないので、「旅をしながら仕事したいので、ウェブデザイナーになります。仕事ください!」では難しいと思います。

企業と提携してプロのノマドになる

フォスター・ハンティントンさんは、デザイナーとして勤めていたラルフ・ローレンを退職し、キャンピングカーで旅をしながら暮らす生活を選びました。

その様子を写真に収め、公開したところ話題になり、彼のようなライフスタイルに憧れる人のフォロワーが多数できました。

そこに目をつけたパタゴニアなどいくつかのブランドが彼に提携を依頼し、彼はプロのノマドとなりました。

http://tabi-labo.com/36110/ralphtravel/

「アナタも辞めたくなる!?」仕事を捨て、キャンピングカーで暮らすトップデザイナーの日常

まあ、スポンサーをつけてノマドになるというのはなかなか難しいかもしれませんが、テレビであれ、ウェブサイトであれ、ブログであれ、その人自身であれ、人が集まる場所には広告媒体としての価値が出てきます。

いきなり企業と提携するのは現実的に難しくても、READYFOR?(レディフォー)や、CAMPFIRE(キャンプファイヤー)なんかのクラウドファンディングを利用すれば、プロジェクト次第では資金を集めることができるかもしれません。

とりあえずクラウドソーシングで自分にできる仕事をやってみて、いくら稼げるか試してみたらいいんじゃない?

ランサーズクラウドワークスなどいまは在宅で色々な仕事を受発注できるサービスが充実しています。

仕事内容も多種多様で、誰にでもできそうな簡単なものから、高度なスキルが必要なものまで様々です。

まあ、相場より単価が安かったり、ブラックなクライアントがいたりと、色々、問題もあるようですが、もしクラウドソーシングで仕事を受注して、生活できるだけのお金を稼げるなら、旅をしながらでもいけるかもしれません。
生活コストの高い国は難しいかもしれませんが、東南アジアを周遊する程度ならなんとかなるかもしれません。

他にも色々あると思いますが、とりあえずこんな感じで~。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする