乳児湿疹を治す沐浴のポイント※お風呂でしっかり洗顔と風呂上がりの保湿が大事!

乳児湿疹かわいそうですよね;;
時期がくれば自然と治ると言われても早く治してあげたいと思うのが親心。
※乳児湿疹の種類や原因、治し方などについては、『【乳児湿疹】の種類・症状・原因、家庭できるケア・対策をまとめました!』をご覧ください。

うちの子も生後1ヶ月くらいのときがピークに乳児湿疹がひどくて、病院につれていったりと色々大変でしたが、2ヶ月目にはほとんどきれいに治りました。

P1250443 (640x480)

生後3週間くらいのとき。

P1250625 (640x480)

生後2ヶ月くらいのとき。

うちの子の乳児湿疹がひどかったときに、治すために行ったことのなかで、『やっぱりお風呂での洗顔と風呂上がりの保湿が大きかったな。』と思うので、その手順・方法をまとめておきたいと思います。

もちろん、乳児湿疹の程度とか期間とかは個人差が大きいらしく、うちの子が治ったからと言ってみんなに効果的かどうかは分かりませんが、何かの参考になれば幸いです。

沐浴時にしっかりベビーシャンプー・ソープで洗顔してあげる

出産した病院によっても違うと思いますが、うちの場合、出産した病院では「赤ちゃんの顔は沐浴時に濡らしたガーゼで拭いてあげるだけでOK」という指導でした。
もちろん生まれて数週間はそれで大丈夫だと思いますが、1ヶ月、2ヶ月になってきて、乳児湿疹が出てくるようになると、僕は「沐浴時にしっかりベビーシャンプー・ソープで洗顔してあげる」のが大事だと思います。

さらに、泡をガーゼで拭き取るだけでなく、シャワーでしっかり洗い流してあげることも重要です。

乳児湿疹がひどくて病院につれていった際に、小児科の先生からもそう指導されました。
セカンドオピニオンじゃないけど、2件の小児科に連れていきましたが、両方ともの先生にそう指導されました。

結局、乳児湿疹の原因の多くは、過剰な皮脂分泌なので、顔に皮脂が溜まっていて肌荒れを起こしちゃっている状態です。
(赤ちゃんの皮脂量は、思春期の男子と同じくらい多いそうです。)

なので、お湯で濡らしたガーゼで拭くだけでは脂が取り切れないので、しっかり泡で洗ってあげる必要があります。

そんなわけで具体的な洗顔の手順を書いていきます。

泡で出てくる市販のベビー用全身シャンプーでOK

うちで使っていたのは、アラウのベビー用全身シャンプーでした。

途中からは、アトピタに切り替えました。

僕はアトピタの方がお気に入りです。
アトピタは流した後も、肌がチュルっとして保湿力が高い気がします。あと泡がしっかりしているので顔を洗いやすいです。
アラウは泡が柔らかいのでたれてきて目に入りそうになって大変でした。

まあここらへんはお好みで色々赤ちゃんに合うものを試してみればいいと思います。

泡でやさしくなでるように顔を洗ってあげる

大人の洗顔でも同じですが、ゴシゴシこすらずに泡でなでるようにやさしく顔を洗ってあげます。

P1250493 (640x480)

目や鼻、口に泡が入らないように注意しながら、まぶた、目の周り、口周り、額、頬、ついでに首など、乳児湿疹が出来やすい箇所、できている箇所などをしっかりやさしく洗います。

シャワーで泡をしっかり洗い流す

赤ちゃんの顔にお湯をかけるのがどうにも怖い、かわいそうってことで、僕は最初、泡で洗った後、お湯で濡らしたガーゼで泡を拭き取るだけにしていました。
だけど、拭き取るだけだとやっぱり泡をしっかり取り切れないので、泡の成分が顔に残ったままになってしまい逆に赤ちゃんの肌には良くないです。

なので、ちょっと最初は怖いかもしれませんが、しっかりシャワーで顔を洗い流してあげましょう。
シャワーで洗い流す様子を動画で撮影してアップしておきましたので参考にしてください。

こんな感じで絶対に泣きますが、すぐに泣き止みますので大丈夫です^^;
赤ちゃんもけっこう賢くてシャワーで流されるときには自分でちゃんと目をつぶりますので、目に泡やお湯が入ってしまう心配はあまりないです。
(生後6ヶ月を超えた今ではすっかり顔を流されることにも慣れて、まったく泣かなくなりました。強い!)

動画では泡ががっつり付いた状態のまま洗い流していますが、先に濡らしたガーゼで軽く泡を拭き取ってあげてから流した方が短時間でちゃんと洗い流せていいかもです。
最近は先にガーゼで拭き取ってからシャワーで流すようにしています。

お風呂上がりにはしっかり保湿してあげる

大人のスキンケアの考え方と基本的に一緒なんですが、やっぱり『保湿』が大事です。
肌が乾燥していると、顔は「水分が足りない!」と認識して皮脂を分泌します。

なので、顔をしっかり保湿してあげることで皮脂の分泌がマシになります。
女子にとっては基本かもしれませんが、結局、スキンケアの基本は『保湿』なわけです!

保湿剤は市販の赤ちゃん用の保湿クリームとかでいいんじゃないかと思いますが、うちの場合、小児科で処方してもらったお薬(保湿剤)を使っています。

ヒルドイドローション

ヒルドイドローションというもので保湿力がものすごく高い保湿剤です。
美容外科のお医者さんに言わせると3万円の高級乳液よりも保湿効果がある!ということで、アンチエイジングなどの美容目的で使っている方も多いそう^^;

ローションタイプのほかに軟膏タイプもあり、軟膏タイプはチューブタイプとジャータイプがあります。

ジャータイプのヒルドイド軟膏

ジャータイプのヒルドイド軟膏

ローションタイプは化粧水みたいな感じで水分がちょっと多めで伸ばしやすいので頭皮に使うのがおすすめです。
軟膏タイプは乳液やクリームっぽい感じなので、顔や体などに使うのがいいと思います。

保湿剤の塗り方はヒルドイドの製造販売元のマルホ株式会社のホームページにあった動画が分かりやすいです。

皮膚を科学するブティックカンパニーを目指す製薬会社。健康に対して質の高い貢献を行うことを企業使命にしている。大阪市北区。

うちの場合、頭皮にはヒルドイドローション、顔にはヒルドイド軟膏を使って、たくさん必要なお腹とか胸とか背中とかお尻とかの体にはアトピタのアトピタの全身ミルキィローションを使ってます。

2015-02-06 10.54.22 (480x640)

夏の沐浴は朝晩の2回、冬は晩の1回

あくまでうちの場合ですが、うちの子は夏生まれだったので乳児湿疹がひどい時期だった夏場は朝晩の2回沐浴をしてました。
ただ、あまり何回も石けんを使うのは赤ちゃんの皮膚に負担になるらしいので、ベビーソープで顔や体を洗うのは夜の2回目のときだけで、朝の沐浴はお湯で濡らしたガーゼで顔を拭くだけにしてました。(ベビーバスでお湯には浸かる。)

赤ちゃんは寝ているだけでもすごい汗をかくので、お湯で流してあげるだけでもかなり効果があるみたいですよ♪

冬になる頃には、乳児湿疹もかなり治ってきていたのと、風邪を引くといけないってことで、沐浴は夜の1回に減らしました。

まとめ

以上、「乳児湿疹を治す沐浴のポイント※お風呂でしっかり洗顔と風呂上がりの保湿が大事!」でした。
いかがでしたか?

ポイントとしては、

  1. 沐浴時にしっかりベビーソープで顔を洗ってあげて、シャワーでしっかり洗い流す。
  2. 風呂上がりには保湿剤でしっかり保湿してあげる。

の2点です。

うちの子は上記の手順でお風呂に入れるようにしてからかなり乳児湿疹がマシになってきました。
もちろん生後1~3ヶ月の頃はホルモンの影響で脂漏性湿疹とか新生児ニキビとか出来やすい時期なので、無理に治そうとしたり、必要以上に気にしたりする必要はないと思います。

ですが、やっぱり長期にわたって肌が荒れている状態ってのはお医者さん曰く赤ちゃんにとってあまり良くないことだそうなので、お風呂の入れ方にもちょっと気をつけて早めに治るように手助けしてあげたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする