知っておきたい!☆妊娠中の葉酸サプリの選び方の3つの極意

前回の記事で、妻が妊娠して葉酸の必要性を知ったおいらです。

で、葉酸を効率よく摂るには、食品からだと非常に難しく、サプリメントに頼るのが一番だと知りました。

そこで、どの葉酸サプリがいいのかな~って探しているときに、サプリメントにも色々と種類があり、選んではいけないサプリや注意点などがあることも知りました。
特に妊娠中は、過剰摂取してはいけない栄養素や食べてはいけない食品なども多く、口に入れるものにはすごく気を遣わないといけません。

そんなわけで、おいらが調べた【妊娠中の葉酸サプリの選び方の極意】をお伝えしていきますね。

天然サプリか合成サプリか?

サプリメントは大きく分けて、野菜や魚など天然由来の原料を濃縮加工して作られている天然サプリと、石油や薬品などを原料に化学的に栄養素を作りだした合成サプリがあります。
(天然と合成を混ぜて作ったタイプもあります。)

どっちがいいの?という話ですが、迷わず天然サプリです。

合成サプリには、着色料や香料などの添加物も多く、原料も石油や薬品など、本来、体に入れないものから作られていることが多いため、赤ちゃんにとってあまり良くない影響があるかもしれません。

また、合成サプリや含まれている栄養素の濃度が高く、一見、効率よく必要な栄養素を摂取できそうな気になりますが、実際の体への吸収率で見ると、合成よりも、天然サプリの方が良かったりします。

こんな感じでいいことばかりの天然サプリですが、最大のデメリットがあります。

それは高価なこと

100%天然成分のサプリだと、1ヶ月分で5000円以上はします。

とりあえず、合成サプリと天然サプリのメリット・デメリットを比較表にまとめてみました。

比較ポイントの左の+マークをクリックすると追加の項目が表示されます。
比較ポイント合成サプリ天然サプリ
飲みやすさ小さく無味無臭で飲みやすい大きくまずいて臭いので飲みにくい
価格安い
1ヶ月数百円からある。
高い
最低でも1ヶ月5000円以上はする。
栄養の濃度一般的に高濃度高濃度にすることは難しい
栄養の吸収率栄養の相互作用が期待できず低い場合がある。一緒に含まれている栄養の相互作用が期待でき、吸収率は良い。
安全性安価で製造可能なため、粗悪品も多く、安全性が低いものも多い。植物由来の毒素や農薬混入のリスクはあるが、きちんと無農薬栽培などで作られているものであれば、安全性は非常に高い。

天然サプリは高いのが玉に瑕です。
まあ、結局、いいものは高い。ということですね。

日本製とアメリカ製どっちがいい?

一般的に日本製品は細かい所まで丁寧に作られていて安心というイメージがありますよね。

でも、サプリメントに関しては、日本製よりもアメリカ製の方が安心です。

なぜかということ、サプリメントに関しては日本よりもアメリカの方が先進国だからですね。

日本では、栄養補助食品という明確な定義はなく、食品か薬品かでしか分けられていませんが、アメリカでは、食品、薬品、栄養補助食品(サプリメント)としっかり定義され、サプリメントでも効果効能をしっかり謳うことができます。
そのために科学的データの提出義務、検査法、情報提供などが厳しく定められています。

サプリメント業界の競争も激しく、ダメな企業は淘汰されていく仕組みができあがっています。

日本にもいいサプリメント企業はあるのでしょうが、レモン50個分のビタミンC!なんかのキャッチコピーで、単品で摂取してもほとんど吸収されない合成ビタミンCだけを高濃度で配合した役に立たないサプリがコンビニなんかで売られているのが現状です。

なので、サプリメントに関してはアメリカ製を選ぶことをおすすめします。

葉酸だけでなく、妊娠中に必要な栄養素が豊富に含まれているか?

妊婦に必要な栄養は葉酸だけではありません。

カルシウムや鉄、ビタミンBなど特に気をつけて摂取したい栄養素もあります。

でも、それらを全部、色々なサプリや食品から摂るのは大変なので、妊婦向けの栄養素が全部詰まった妊娠中におすすめのサプリがいいですね。

まとめ

こんな感じで妊婦向けのサプリの選び方を調べたまとめです。

  • 天然サプリであること
  • アメリカ製であること(アメリカの厳しい基準をクリアしていること)
  • 葉酸やカルシウムなど妊婦に必要な栄養素を十分、含んでいること

これらの条件を満たすサプリは果たしてあるのか!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする