どうにも最近、体調が悪いと思ったらりんご病だったよ。

先月くらいからどうにも体調が悪くてですね。

  • 夜になると38度以上の熱がでる。
  • 日中は平熱か37度くらいの微熱。
  • ひどい頭痛。
  • 強い倦怠感。なんしかだるくてやる気がでない。
  • 足がめちゃだるい、痛い。むくんでる感じ。
  • 腰と背中が痛い。
  • 太ももとか二の腕とかにお酒を飲み過ぎたときみたいな赤くまばらな発疹がでる。

これらの症状はまとめてじゃなくて、基本、書いてある順にやってきた感じ。
まず熱が出て、熱が収まってきたかなと思ったら、頭痛と足のだるさ・痛みがやってきた感じです。
倦怠感はずっとある。

それが1ヶ月くらい続いてました。

病院に行ってみたものの

近所の内科に行って、検尿から血液検査、さらに腹部CTまで撮って色々調べてもらいました。

検尿とCTの結果は異常なくて、血液検査の結果で、白血球の数値がちょっと低めだったので、「ウイルス性の風邪みたいなもんじゃろ。熱冷まし出しとくけん。熱がつらかったら飲んで。」
的な感じでした。

それから数日するとまあまあ体調もよくなってきたので「風邪やったんかねえ?」と思ってました。

息子に赤い発疹が出現

だいたい僕が治りかけくらいのタイミングで息子(2歳11ヶ月)に鼻水と咳が出るようになりました。
「あ~僕の風邪が移っちゃったな。」くらいに思っていたのですが、僕は鼻水と咳なんて出なかったので、風邪が移って違う症状がでるってあるの?とちょっと疑問には思ってました。

で、けっこう鼻水が長引いて、鼻水が治まってきたなと思ったら、次は顔、肩、おしり、太ももあたりにまばらな赤い発疹が出現しました。

特に痒くはなさそうです。
(痒いケースもあるそうな。)

小児科に連れていくと、りんご病と同じように赤い発疹が出る病気に「溶連菌感染症」というものがあり、「溶連菌感染症」は合併症を引き起こしたりと結構怖い病気らしく、まずは溶連菌を調べることになりました。

結果、溶連菌ではなかったので、りんご病だろうということになったわけです。

りんご病はとくにワクチンなどはなく、対症療法で自然に治るのを待つしかできないとのことです。

大人のりんご病はけっこう怖いらしいからご注意

りんご病ってだいたい子どものうちにかかっている人が多くて、健康な子どもなら数日で自然治癒することが多いらしく、一回かかると抗体がつくそうな。
(妻は感染しなかったので感染したことがあったのだろう。)

大人になってからかかると合併症を発症して重症化することも多いらしく注意が必要だそうな。

小さな子供たちの間で「りんご病」が流行しています。可愛らしいネーミングとは裏腹に大人がかかると非常に辛い症状を呈する「りんご病」。集団感染の恐れのある子供たちと...

あと妊婦さんが感染すると、お腹の中の胎児に影響が出て、流産や死産の可能性が高まるらしいです。

「まじか!」と思って、ここ最近、妊婦さんと会ってないか記憶を辿ってみたけど、妊婦さんどころかそもそも人と会ってなかったから全然OKでした。

そんなわけで、大人になってからのりんご病はかなりツライから注意!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする