なぜ人は幽霊を怖がるのかな?いたら逆にうれしくないすか?

公開日: : 豊かな暮らし

ホント、どうでもいい話なんですけど、僕は昔から『幽霊を怖がる人』が分かりません。

もちろん、テレビで怖~い怪談話とか聞いて「うわーこわ~。」と楽しんだりとか、遊園地でお化け屋敷に行って「ぎゃー!」と怖がるとか、エンターテイメントとして幽霊を楽しむみたいなのは僕もします。

ですが、本気で「幽霊を信じていて」、それでいて「本気で幽霊を怖がる」人ってのが分かりません。

だって、もし幽霊がホントにいたらうれしくないですか?

幽霊がいる=死後の世界が存在する証明

だって、幽霊がいるってことは、人間が死んだ後にも魂とか意識みたいなものが、この世に残り存在し続ける可能性があるって証明になりますよね。

人間ってのは、自分の存在がいつか消えてなくなくなるということを知っていながら生き続けなければならないという、けっこう残酷な運命を背負っています。
だからこそ、古今東西、人は死の恐怖から逃れるため、乗り越えるために、様々な宗教を生み出し、信仰してきました。

この世でいいことをすれば、死んでから天国に行ける。
神の教えに従って生きていれば、死後、神の国へ行ける。
などなど。

それほどまでに死を恐れているのに、なぜか死後の世界の証明である幽霊を怖がる。。。

単純にスゴイ疑問なんです。

キリスト教やイスラム教では幽霊を怖がるという文化はあまりないらしい

幽霊を怖がるってのはけっこう日本独特の文化のようで、キリスト教やイスラム教などの国の人々はあまり幽霊を怖がるという文化はないらしい。
たとえば、キリスト教の場合、『神』という全知全能の存在が非常に大きく、死者の魂が生きている人間の前に化けて出て、悪さをするというような考え方はしないらしく、サタン(悪魔)による仕業と考えられているそうです。

悪魔が人間に取り憑いて悪さをするという感じです。
たしかに言われてみれば、アメリカのホラー映画って、『ポルターガイスト』とか「悪魔のいけにえ」とか悪霊系のものが多いですね。

だから、『呪怨』とか『リング』とか日本のホラー映画がアメリカですごい受けたみたいですが、キリスト教のアメリカ人はどういう風にみたのかな~?とちょっと興味があります。
悪魔的なホラー映画が多いなか、日本的な幽霊というのはすごく新鮮だったのかもしれません。

日本人の宗教観ってけっこう独特で、仏教と神道がごっちゃになった感じになっています。
日本的な幽霊ってどこから来てるのかな~って調べてみたんですが、仏教のようであったり、神道のようであったり、ちょっと調べただけではよく分からないですね。

幽霊の歴史もけっこう古く、日本書紀にも幽霊の記述があるらしいですし、ネアンデルタール人は死者を埋葬する文化を持っていたらしいです。
そうすると、宗教から来ているというよりも、死者を畏れる感覚というのは元々、人間が持っているようなものなのかもしれません。

元々、人間が持っていた死者に対する畏れ、悲しみ、など様々な感情に、色々な国や民族が持つ多様な宗教観なんかが絡み合って、独自の幽霊文化になってきたんでしょうね。

なんだかまとまりがなくなっちゃいましたが、僕はもし幽霊がいてくれたら死への恐怖も多少は和らぐかな~と思っているので、いてくれたらうれしいなあ~って思っています。

関連記事

どこに住もうか迷っちゃう?色々な街の『それでも~~に住み続ける理由』まとめ

ちょっと前になりますが、色々な街に住んでいる人が『それでも(街の名前)に住み続ける理由』というタ

記事を読む

旅動画をYouTubeにアップして広告収入を得て旅を続ける。という案

以前、「海外ノマドワーカーになって稼ぎながら旅を続けられる仕事を考えてみる」という記事を書きました。

記事を読む

夢の熟睡成分『グリシン』が凄い!ちゃんと寝ても疲れが取れないときはサプリで補給しよう。

どうも最近、十分な睡眠時間を取っているハズなのに翌朝起きるのがつらくて、日中も疲れが残っていて集中力

記事を読む

海外ノマドワーカーになって稼ぎながら旅を続けられる仕事を考えてみる

最近、場所や時間に縛られない働き方「ノマド」が人気ですね。僕自身、2010年12月~2011年12月

記事を読む

家族との時間を大切にしながら、自由に働き・生きることができる時代

僕は、Webサイトの運営でご飯を食べてます。 簡単に言うと、自分の運営するWebサイトにアフィリエイ

記事を読む

イケダハヤトさんの高知移住に賛否両論!ネット上の反響まとめ

有名ブロガーのイケダハヤトさんが東京都から高知県への移住を発表し、ブログタイトルもそれまでの「イ

記事を読む

西宮・尼崎・芦屋近辺で手頃な料金で利用できるスイミングプールを調べてみた。

今年で36歳になるおいらですが、10代・20代の頃からなんと17キロも太ってしまいました。(T-T)

記事を読む

庵治漁協のとれたて魚介類がお得に買える『活き活き日曜市』に行ってきました。

僕の住んでいる高松市屋島から北東へ車で15分ほど行った海のそばに『庵治』という地域があり、四国の島か

記事を読む

一人社長はもっと会社を上手に使って、節税&将来のための準備をするべし。

今日は毎月恒例の税理士さんとの打ち合わせの日でした。 色々な議題があったのですが、その中でも以下2点

記事を読む

西宮からの引越を検討中。どこに住むか迷い中の巻

世界一周旅行から帰国して、西宮に住み始めて、早2年4ヶ月。 そろそろ西宮での暮らしにも飽きてきました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


登別温泉の第一滝本館にて日帰り入浴 ※1,500坪の敷地に35の湯船の大浴場!

北海道旅行5日目に札幌駅前のトヨタレンタカーでプリウスをレンタルして日

小樽の洋菓子店「LeTAO(ルタオ)」で極上スイーツ「ドゥーブルプレート」をいただきました。

札幌から少し足を延ばして小樽まで。 小樽のレトロでかわいい町をぶ

「すすきの」で北海道料理をリーズナブルに味わえる海鮮居酒屋『海さくら』

登別温泉に日帰りで行った次の日はお昼までゆっくり寝て、ランチにラマイの

スープカレー(ポーク)
RAMAI(ラマイ)札幌中央店で食べた初スープカレーが美味すぎた!

札幌発祥の道産子のソウルフード『スープカレー』を食べてきましたよ。

すすきの「禅」で海鮮しゃぶしゃぶと北海道の地酒を堪能

札幌・すすきのの狸小路あたりにあるしゃぶしゃぶ・すき焼き専門店「禅」で

→もっと見る

PAGE TOP ↑