【WordPress】記事ごとにアドセンスの表示・非表示を設定し、代替広告を表示するカスタマイズ

公開日: : wordpress

先日、ブロガーの桃音さんにアドセンスの警告が来たということで話題になっていました。

 

「アフィリエイトで稼ぐ」系の記事にアドセンスを掲載するのはNGだそうな。
アドセンスポリシーに定められている「報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)」に該当すると思われます。

2012年と少し古い記事ですが、パシさんのブログ「アフィリエイト野郎」にもちゃんと書かれてました。

当サイトのように「アフィリエイトで稼ぐ」為の情報を提供するサイトなどもNGとなります。
AdSense広告の掲載が禁止されているコンテンツ | アフィリエイト野郎

ふく丼でもアフィリエイトノウハウとか結構書いているので、いつ警告が来てもおかしくないポリシー違反状態だったというわけですね・・・(´Д`)

とりあえず、アフィリエイトで稼ぐ系の記事は「記事ごとにアドセンスを非表示にしておけばOK」ということなので、ふく丼でも「アフィリエイトで稼ぐ系の記事」のアドセンスを非表示にするカスタマイズを行いました。
また、単に非表示にしてもつまらないので、代替広告にASPのアフィリエイト広告等を掲載できるようにしました。

カスタムフィールドを作成

Advanced Custom Fieldsをインストールしてカスタムフィールドを追加していく

今回はカスタムフィールドを使ってカスタマイズをしていきたいと思います。
WordPressでカスタムフィールドを使うなら「Advanced Custom Fields」がオススメです。

インストール手順は普通にプラグインをインストールする手順と一緒なんで省略させていただきます。
インストール後、フィールドグループの「新規追加」をクリックします。

 

アドセンスの表示・非表示を設定するチェックボックスを作る

フィールドグループ名・フィールドラベル・フィールド名は、後で分かりやすいように好きな名前をつければいいです。
フィールドタイプには、「真/偽」を選択します。これによりチェックボックスがひとつだけ生成されます。
メッセージには、投稿画面で分かりやすいように文面をつけておくといいでしょう。
デフォルト値は、チェックボックスのチェックを外した状態としておきます。
デフォルトではアドセンスを表示し、非表示にしたい記事だけチェックを入れるという使い方をします。

代替広告用のカスタムフィールドを作る

次にアドセンスを非表示にした場合に代わりに表示する広告を設定するカスタムフィールドを作ります。

フィールドラベル・フィールド名は好きな名前を付ければいいですが、広告の場所やサイズにしておくと後で分かりやすくていいと思います。
フィールドタイプにはテキストエリアを選択します。
フォーマットは「Convert HTML tags」を選択します。これによりテキストエリアにHTMLタグ(ASPから発行されるアフィリエイトタグ)を入れることが可能となります。

条件判定を「はい」にして、条件を先ほど作成した「アドセンスの表示・非表示のチェックボックス」にチェックが入ったいた場合のみ、このカスタムフィールドを出現させるようにします。

この代替広告用のカスタムフィールドは上記の手順でアドセンスの設置箇所の数だけ作成します。
通常だと1ページに表示できるアドセンスは3つですので、3つ作るってことですね。

うちの場合は、「代替広告(サイド上部)」「代替広告(記事下)」「代替広告(関連記事下)」の3つのテキストエリアを作成しました。

作成できれば、右側の「公開(更新)」をクリックして完了です。

記事投稿画面を確認

記事投稿画面を確認してみると、以下のような感じでカスタムフィールドが追加されているはずです。

アドセンスを非表示にするチェックを入れてみると、以下のような感じで代替広告のコードを入れるテキストエリアが出現します。

テーマを編集

カスタムフィールドを作るだけではブログには反映されないので、使用しているWordPressテーマを編集して、いま作成したカスタムフィールドをテーマに反映させてあげないといけません。
どのテーマファイルを編集すればいいかは使用しているテーマにもよりますが、とりあえずアドセンスを表示している箇所に条件分岐を入れてあげる処理をすることになります。

<?php if( get_field('no-adsense') ){?>
	<?php the_field('side-ad');?>
    <?php } else{ ?>
    アドセンスコード
    <?php } ?>

こんな感じです。

if( get_field('アドセンスの表示・非表示のチェックボックスのフィールド名') )
で、アドセンスを表示するか、しないかのチェックボックスにチェックが入っているかいないかで処理を分岐させます。
チェックが入っていればアドセンスを表示しないってことなので、
the_field('代替広告のフィールド名');
で代替広告の内容を表示します。
ちなみにこのカスタムフィールドに何も入力しなかった場合は、単純にアドセンスが非表示になるだけなので、代替広告を設定しないという使い方もできます。
チェックが入っていなかった場合は、普通にアドセンスを出力するようにしてあげればOKです。

まとめ

記事ごとに、アドセンスであったり他社の広告等を色々使い分けられるようになると色々と幅が広がっていいと思います。

関連記事

【WordPressプラグイン】画像アップロード時に自動で透かしを入れられる『Easy Watermark』で画像の不正利用を防ごう!

サイトやブログに画像をアップする際に、著作権フリーの無料素材画像などならともかく、自分で撮影した

記事を読む

サーバー移転時にDNSの浸透を待たずに新旧サーバーに自在にアクセスする方法

今回は、独自ドメインでwebサイトを運用している方向けのTIPSです。 サーバーの引越時などに、新サ

記事を読む

【WordPress】「下書きを保存しています…」と表示されたまま投稿画面で記事の保存ができなくなる。

先日、いつも通りこのブログを更新しようと記事を書いていたところ、WordPressの投稿画面で、

記事を読む

contact form 7からのうざい迷惑メールを完全に届かなくする方法

WordPressでお問い合わせフォームを設置する際に超便利なプラグイン『contact for

記事を読む

投稿記事内でスマホ用とPC用で出力するコンテンツを条件分岐させる方法

前回は、テーブル表示をPC・スマホ両方に対応させるレスポンシブ化する方法をご紹介しましたが、今回も引

記事を読む

【WordPress】内部リンクをはてなのブログカード風のサムネイル付きリンクにデザインするショートコード

はてなブログで使われているブログカードみたいなデザインで、WordPressで内部リンクを貼るこ

記事を読む

【WordPress】iframeを使わずにはてなのブログカード風に外部リンクをデザインするショートコード

先日、WordPressで自分のブログ内のほかの記事に内部リンクを貼る場合に、はてなブログなんかでよ

記事を読む

自分のWordPressブログにはてブが付いたらChromeにお知らせしてもらう方法

いまさらですが、はてなブックマークを使い始めました。(はてなブックマークを使い始めたので、登録~

記事を読む

複数のカテゴリ(ターム)に属する投稿を抽出してアーカイブに表示する方法

たとえば、全国の飲食店を紹介するサイトをWordPressで構築するとします。 そのときに、カ

記事を読む

Advanced Custom Fieldsでカテゴリにカスタムフィールドを追加し表示する方法

カテゴリーやタグ、カスタムタクソノミーのアーカイブで、カテゴリ毎に独自のテキストや画像などを表示

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


登別温泉の第一滝本館にて日帰り入浴 ※1,500坪の敷地に35の湯船の大浴場!

北海道旅行5日目に札幌駅前のトヨタレンタカーでプリウスをレンタルして日

小樽の洋菓子店「LeTAO(ルタオ)」で極上スイーツ「ドゥーブルプレート」をいただきました。

札幌から少し足を延ばして小樽まで。 小樽のレトロでかわいい町をぶ

「すすきの」で北海道料理をリーズナブルに味わえる海鮮居酒屋『海さくら』

登別温泉に日帰りで行った次の日はお昼までゆっくり寝て、ランチにラマイの

スープカレー(ポーク)
RAMAI(ラマイ)札幌中央店で食べた初スープカレーが美味すぎた!

札幌発祥の道産子のソウルフード『スープカレー』を食べてきましたよ。

すすきの「禅」で海鮮しゃぶしゃぶと北海道の地酒を堪能

札幌・すすきのの狸小路あたりにあるしゃぶしゃぶ・すき焼き専門店「禅」で

→もっと見る

PAGE TOP ↑