役所で色々な用紙に名前やら住所やらを何度も書かされ面倒だった話

先日、子供が生まれました。
子供が生まれたら役所でやらないといけない手続きがいくつかあって、まずは出生届の提出。
これは生まれた日を1日目として、14日以内に名前を決めて、提出しないといけません。

で、それに加えて、児童手当をもらうための手続き、赤ちゃんが病院にかかったときに医療費を助成してもらうための手続き(乳幼児医療費助成)、赤ちゃんを健康保険に加入させる手続きやら、色々あるんですわ。

それらの手続きをするために役所に行ってきたのですが、ちょっと面倒くさかったので少し文句を。。。

出生届は出産した病院でもらっているので、それに必要事項を追記して、役所の窓口に持って行くと、
「じゃあ次は児童手当の手続きをしてもらいますので、あちらの窓口に行って下さい。」と言われ、児童手当の窓口に行って、児童手当の申込用紙に、子の名前、夫の名前、妻の名前、住所、電話番号など一通り書かされ、
次に、「乳幼児医療費助成の申込書です。」と用紙を出され、同じように、子の名前、夫の名前、妻の名前、住所、電話番号など一通り書かされ、
次に、「で、こっちが健康保険の申込書です。」と用紙を出され、同じように子の名前、夫の名前、妻の名前、住所、電話番号など一通り書かされました。

てか、これ一度にまとめられないの!?

なんでおんなじことをあっちの用紙、こっちの用紙に何度も書かされなきゃいけないの??

いま子供が生まれたら、ほとんどの人が、出生届・児童手当・乳幼児医療費助成の申し込みをするのはほぼセットじゃないの?
じゃあ、なにかしらまとめることはできないもんなのでしょうか?

分かるよ!分かるんです。
それぞれの制度が一度にまとまってできたわけじゃないだろうし、今後もコロコロ変わる可能性もあるから、単純に複写式の申込用紙にまとめるとかもできないだろうし、名前とか住所とか書くぐらいそれほどの手間でもないから、書けと言われれば書きますよ。

でも、なんだかなあ・・・。役所ってやつはいつまで経っても・・・。と思わざるをえません。

たとえば、事前にインターネットで名前とか入力して、必要な手続きにチェックを入れたら、それぞれの申込用紙が印刷できるようになって、印刷して持って行くとかできないのかな?
ネットが使えない人は今まで通り窓口で用紙に記入してもらうとして、これくらいなら個人情報を預かる必要もないし、それほどでかいシステム組まなくても簡単にできそうなんだけどなあ。。。
ちょっとの手間を省く工夫とかして欲しいなあと思います。

こういうのもマイナンバー制度が始まったら改善されるのかなあ・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする