【WordPressプラグイン】画像アップロード時に自動で透かしを入れられる『Easy Watermark』で画像の不正利用を防ごう!

公開日: : wordpress

サイトやブログに画像をアップする際に、著作権フリーの無料素材画像などならともかく、自分で撮影した写真や自分で作成した画像など、自分が著作権を保有している画像の場合、誰かほかの人に不正利用されないかちょっと心配ですね。

で、画像に不正利用を防ぐために『透かし』を入れたりします。
ちなみに英語では『Watermark』というようです。

でも画像をアップする際に、いちいち画像編集ソフトで透かしを入れるのはちょっと面倒です。
そんなときに便利なWordPressプラグインを紹介します。

画像アップロード時に自動で透かしを入れられる『Easy Watermark』

『Easy Watermark』は、画像をアップロードする際に、自動で任意の透かしを入れることができる便利なプラグインです。
僕の場合、「fukudon.com」とドメイン名を自動で入れるようにしています。

たとえば下の画像のような感じで、真ん中にちょっと透明な白文字で「fukudon.com」と入っています。

2015-01-30 13.12.16 (640x480)

これでもしこのまま画像をパクられたとしてもfukudon.comの画像を使ってるんだなって分かりますし、この文字を画像編集ソフトで消すのもちょっとは労力がかかりますので、何もないよりは不正利用を防ぐ効果はあるのではないかと思います。

入れる「透かし」の大きさ、色、場所などは任意で設定可能。画像もOK

画像をアップロードするには、「『Easy Watermark』」の設定画面で、Imageタブから行います。

 

アップロードすると設定画面になります。

Easy Watermark ‹ ふく丼 — WordPress (2)

画像の位置や大きさ、透明度などを設定できます。

テキストは同様にTextタブから行います。

 

 

テキストの場合、表示位置、フォントや文字の色、透明度、大きさ、傾きなどを設定できます。

generalタブで一般設定ができます。

Easy Watermark ‹ ふく丼 — WordPress (3)

上から順に設定項目を説明していくと、

Auto Watermark

『Add watermark when uploading images』にチェックを入れると、画像のアップロード時に自動で透かしが入ります。

Image Types

透かしを入れる画像を画像の種類から設定できます。
たとえば、gifのチェックを外せばgifファイルには透かしが入りません。

Backup

『Save original images to allow to restore them after watermark was applied』にチェックを入れると、透かしを入れる前のオリジナル画像を別に保存しておき、透かし無しの画像に戻せるようにあります。
ただしそうすると、別に保存しておく画像分の容量を食うよ、と注意書きがしてあります。

Image Sizes

透かしを入れる画像サイズを設定できます。
アイキャッチ画像用の小さいサイズには表示しないけど、記事中の大きな画像には表示するなどの設定ができます。

Watermark Type

表示する透かしを、「Text」「Image」「Image+Text」の3種類から選択できます。

Jpeg Quality

透かしを入れた後の画像の圧縮率を設定できます。
ファイルサイズを小さくするには数字を小さくすればいいですが、その分画質は劣化します。

Date FormatとTime Format

これはちょっとよく分かりません。
とりあえずデフォルトで使うなら空白にしておけって書いてるので僕は空白のままにしてます。
たぶん任意の日時を入れたりできるんだと思います。いるのかなこの設定。

User Roles

自分一人でブログを書いてる分には使うことはないですが、複数人で管理している場合、ユーザーロール毎に透かしを入れることができるかどうかの権限を設定できます。

Post Types

投稿タイプ毎に透かしを入れるかどうかを設定できます。

まとめ

僕の場合、ちょっと邪魔なときもあるけど、画像の真ん中に表示するように設定しています。
なんか端っこだと画像の端を編集で切れば簡単に消せちゃう気がしてそうしています。

この透かしを入れることによってどれくらい不正利用を防ぐ効果があるのかはちょっと未知数ですが、何もしないよりはマシなんじゃないでしょうか?
毎回、編集して入れるのは面倒ですが、このプラグインを使えば最初に設定しておけば、あとは労力をかけずに透かしを入れることができますのでおすすめです。

 

ピックアップ記事と広告

こちらの記事もおすすめ

【WordPress】記事ごとにアドセンスの表示・非表示を設定し、代替広告を表示するカスタマイズ

先日、ブロガーの桃音さんにアドセンスの警告が来たということで話題になっていました。  

記事を読む

Advanced Custom Fieldsでカテゴリにカスタムフィールドを追加し表示する方法

カテゴリーやタグ、カスタムタクソノミーのアーカイブで、カテゴリ毎に独自のテキストや画像などを表示

記事を読む

TablePressにも対応!横長テーブルのスマホ対応はFooTableで決まり。【WordPressプラグイン】

グーグルが「スマホ対応ができているかどうかを4/21からランキング決定要因に加えるよ~。」と異例の事

記事を読む

contact form 7からのうざい迷惑メールを完全に届かなくする方法

WordPressでお問い合わせフォームを設置する際に超便利なプラグイン『contact for

記事を読む

【WordPress】iframeを使わずにはてなのブログカード風に外部リンクをデザインするショートコード

先日、WordPressで自分のブログ内のほかの記事に内部リンクを貼る場合に、はてなブログなんかでよ

記事を読む

【WordPress】「下書きを保存しています…」と表示されたまま投稿画面で記事の保存ができなくなる。

先日、いつも通りこのブログを更新しようと記事を書いていたところ、WordPressの投稿画面で、

記事を読む

サーバー移転時にDNSの浸透を待たずに新旧サーバーに自在にアクセスする方法

今回は、独自ドメインでwebサイトを運用している方向けのTIPSです。 サーバーの引越時などに、新サ

記事を読む

【WordPress】Stinger3にFacebookのOGP設定をしたよ。

当ブログもたまにツイッターでシェアしてくれたり、フェイスブックでいいね!してくれたりする記事があ

記事を読む

【WordPress】内部リンクをはてなのブログカード風のサムネイル付きリンクにデザインするショートコード

はてなブログで使われているブログカードみたいなデザインで、WordPressで内部リンクを貼るこ

記事を読む

自分のWordPressブログにはてブが付いたらChromeにお知らせしてもらう方法

いまさらですが、はてなブックマークを使い始めました。(はてなブックマークを使い始めたので、登録~

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


登別温泉の第一滝本館にて日帰り入浴 ※1,500坪の敷地に35の湯船の大浴場!

北海道旅行5日目に札幌駅前のトヨタレンタカーでプリウスをレンタルして日

小樽の洋菓子店「LeTAO(ルタオ)」で極上スイーツ「ドゥーブルプレート」をいただきました。

札幌から少し足を延ばして小樽まで。 小樽のレトロでかわいい町をぶ

「すすきの」で北海道料理をリーズナブルに味わえる海鮮居酒屋『海さくら』

登別温泉に日帰りで行った次の日はお昼までゆっくり寝て、ランチにラマイの

スープカレー(ポーク)
RAMAI(ラマイ)札幌中央店で食べた初スープカレーが美味すぎた!

札幌発祥の道産子のソウルフード『スープカレー』を食べてきましたよ。

すすきの「禅」で海鮮しゃぶしゃぶと北海道の地酒を堪能

札幌・すすきのの狸小路あたりにあるしゃぶしゃぶ・すき焼き専門店「禅」で

→もっと見る

PAGE TOP ↑